スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C-1FTB 地上展示

今年も開催されました、C-1の地上展示。残飛行時間の関係からか、所属基地以外のイベントに顔を出さなくなって
しまい、間近でC-1を眺められる機会がめっきり減ってしまった中での開催は喜ばしい限り

おまけにFTBが展示されるとなれば、C-1を愛する者として行かない理由が見当たりません
FTB1.jpg




FTB2.jpg
外見の大きな特徴の一つであるところに巨大なピトー管



FTB3.jpg
FTBらしい装備といえば、右翼に追加されているエンジン試験用のパイロン




s-DSC_3735.jpg
機内にも原型機らしさが満載。手描きっぽい指示書き。




s-DSC_3738.jpg
空挺扉下のライト。開発段階で「やっぱいらないんじゃね?」となったらしく、量産機にはありません



FTB4.jpg
原型1.2号機は今は亡き日本航空機製造製なんですよね。量産機からは川崎重工です




FTB5.jpg
銀塗装に浮かび上がる機体の年輪。量産機だと排気の影響でめちゃ汚くなってるのでここまではっきりはわかりません
ちなみに現在の迷彩は上空からの低視認性を狙って施されたもの。それ以前は機体上面などは銀塗装ですらない
金属むき出しの状態でした。いつ頃全面銀塗装になったんでしょうか



s-DSC_3670.jpg
機内から見るエンジンポッド。銀塗装に反射して非常に眩しい。風防前に防眩塗装がしてある理由が理解できました




s-DSC_3637.jpg
昨年サービスでトリムを動かしたりしてくれた隊員さんが今年もいらしていました。
今年は人が多かったんでサービスはナシ。ま、私にとっちゃC-1の展示事態がご褒美みたいなもんなんですけどね


16年6月現在退役が確認されているC-1は003 004 005 016 017 022 023の7機。事故で抹消された4機と合わせれば、
稼働機は20機にまで減ってしまいました。あっという間ですね
スポンサーサイト

RJNH Oct.17 2014

データを見たらほぼ1年前ですって奥さん
観閲式に関連してか、501飛行隊が1ヶ月間ほど浜松基地で移動訓練を行っていました
ファントムが浜松で見れるってんだから行かない理由はありません

しかし時間が合わない。午前中比較的早い時間に上がってはいオシマイ、が基本だったので
用事を済ましてからでは着陸にすら間に合いません。
前週にも出掛けていたんですが、その時は見事に空振り。おまけに創設60周年記念塗装機のフライトもなし。
ブルーの中継があったので(全く知らなかった)収穫なしに終わることはありませんでしたが、
これがなかったら危うく何しに浜松まで行ったの状態になるところでした。
DSC_9502.jpg
4+1+1+1で離陸。国体でフライバイする為に築城へ向かった、ハズ


話が戻り17日。この日はまだ上がっていないとのこと。ラッキー!
s-DSC_9664.jpg
暫く待つとRF'sがのそのそと転がってきました。370galのタンクって俯きがちに搭載されてるんですね
それにしても黒ファントムのこの塗装は凄みがある



s-DSC_9702.jpg
リフトオフ
畑から撮影していたのでまだ浮ききっていません。重すぎ。
グリーン部に空自特有のタッチアップの跡が見て取れます



s-DSC_9809.jpg
リカバリー
伸びきったオレオと独特な重厚感が堪りません



s-DSC_9822.jpg
ノーズギアカバーにショートノーズの面影を残しているRF-4E




s-DSC_9842.jpg
おまけ 前週撮り逃した記念塗装機



s-DSC_9933.jpg
変な形のC-1。(これが一番うれしかった)

C-1 地上展示

DSC_1890.jpg
行くと宣言したので行ってまいりました。
ただ、今回のイベント参加は個人的な資料集めが主な目的だったのでデティールアップの画像ばかりで
ブログその他に使用できそうな写真は少ないのです

機内展示も行われていましたが、ご覧の通りガラガラでして。機内も特に動線が区切られていたわけでは
なかったので、思う存分堪能できました。




DSC_1813.jpg
それにしても日曜日の割に人が少なかった





DSC_1778.jpg
展示機は前回同様004号機。でも今回は岐阜所属機として。実は部隊マークが大きい特別仕様機なのだ!
FTBが整備に入る関係で岐阜にやってきました。入間でも美保でもなく、岐阜が同機の終の棲家となりそうです。





DSC_1869.jpg
フラップは75度まで下げれます





DSC_1870.jpg







DSC_1928.jpg
むき出しの配線類

話の話題はやはり、C-1を巡る深刻な現況
今回の展示に岐阜所属機が派遣されたのもそんな理由から。C-1を運用している各部隊の苦労が窺い知れました
今月中頃には402所属のC-1にも退役機が出始め、着々と終わりが近づいていることを実感します
思い入れのある航空機の退役というのは寂しいものですね

RJNH Oct.17

DSC_1334.jpg










DSC_1343.jpg
朝方はどんよりと








DSC_1369.jpg
変わりやすい天候でした
U-125ってほんと軽快よね









DSC_1436.jpg
肝心の富士山が見えていないじゃないか 
一周回ってこの塗装好きになってきたよ。この緑が何を表しているのかは知らないけど









DSC_1502.jpg
US-2初めて見た。この日一番のサプライズ









DSC_1503.jpg










DSC_1555.jpg












DSC_1547.jpg
機動の内容は静浜と変わらず。少々高めでした
この写真には写っていないけど吊るし物積んでましたよ

RJNH Nov.16

昨年の航空祭以来の浜松、目的は勿論18日に行われる航空祭の予行

DSC_7369.jpg
この距離での離陸は迫力があってよろしい。某空港でもこれくらい寄せて撮りたいものよ
フライトの方は正直言ってうーん・・・ 失敗してたから本番は変わるのかも









DSC_7499.jpg
数年前まではこればかりだったのに、いつの間にやら絶滅危惧種に。やっぱ救難はこの色だよな!









DSC_7456.jpg









C-1.jpg










DSC_7534.jpg
翌日の悪天候を予感させるランチェン
そのおかげで素敵なショートクローズをいただきました。航空祭でもこんな機動しねえっつの
ノートリです、念のため









DSC_7580_.jpg








DSC_7680.jpg
ブルーの飛行時再度ランチェン。悔しい1枚 リベンジあるのみ
1~4は何故かインディビジュアル発動で思い浮かべてたモノを撮れず







DSC_7793.jpg
予行ならではの光景。理由はお察しください
一応飛来してはいるんですけどね。川重からの直行便だったので、グレーヘルメでの参上でした








Heart.jpg










DSC_7849_.jpg
#6が遅れているように見えますが目の錯覚です







633.jpg
航空祭関連の外来はブルーとT-400以外ありませんでした

本番に参加される方、足元が酷い事になっていると思われるのでお気をつけて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。