スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RJTT  Feb.20

遂に2月20日、最後までJALに残った747、JA8084のラストフライトが行われました
747が導入されたのは今から41年前の1970年。
JALの成長と共に機数を増やし、一時期はクラシックも合わせ100機を越すジャンボ王国を築き上げました
が、双発で燃費効率の良い機体が導入されると徐々に機数を減らし、一昨年7月に747クラシックが全機引退
更にJALの経営再建の煽りを受け、突然発表された引退勧告
フラッグシップとして長年活躍した飛行機へのなんと酷い仕打ちでしょうか

747と私は縁遠く、初めて目にしたのは2年前のセントレア。その存在感に圧倒されてしまったのを覚えています
どんなに暑くても寒くても、昼間の那覇便とJALWAYSのクラシックは逃すまいと夢中でシャッターを切ったものです。チャーターで飛来した、こちらも今年度いっぱいで引退したANAの747と2機のJAL747が並ぶという、国際路線を支配したかつての姿を彷彿させる素晴らしい光景を目にしたことも。記録にも記憶にも残る航空機でした







続きを読む
スポンサーサイト

RJTT  May.9

今は亡きVOR/C。似たようなアングルばかりでつまらないですが・・・

DSC_6941_2.jpg
エコジェ

DSC_6964.jpg
ワンワールドの塗装地味だしカッコ悪い

DSC_7042.jpg DSC_7196.jpg
スタアラの勝ちだな。うんうん 


DSC_6850.jpg
スタフラの塗装はセンスあり過ぎ


DSC_7089.jpg
ピッカチュウ。ANAは思い切った全体塗装をしてくれるので撮影側としても嬉しい限り
国際線用の747は今年度いっぱいでの引退が決定していますが、400Dはまだ現役。と言っても老い先長く
無いのは確かですね

DSC_7260.jpg
今秋に引退したばかりのMD-81。後輩MD-90も2014年に引退予定です。

DSC_6971_2.jpg DSC_7133.jpg
続いても引退の話題。747、A300。両機ともJALの再建計画に巻き込まれ、早期引退を余儀なくされました
既に400Dでの定期運行は終了。イレギュラーでの運用のみとなっていますが、それもそろそろ
かつて100機以上が導入され、主力機として活躍した747。こんな呆気無い幕切れが用意されているとは、
思いも寄らなかったでしょう。羽田、成田には白装束の機体がごった返しています
2月28日のホノルル発成田行がラストフライトとなるようです。JALジャンボ40年の集大成、見に行かないわけにはいきませんが、果たしてどうなることやら

A300の引退時期がはっきりしないのがもどかしい

雑誌等を読んでいると、民間機に対して「退役」という語句を使っているのが散見される
そもそも退役というのは兵役を退くことを言うので民間機に使うのは相応しく無いんじゃないのかな?
と、思ったら役職から退くという意味も持ち合わせているのか。
それならまあ間違ってはいないんだろうけど何だか気になったので。どうでもいい?知らん

羽田

ポケモソ
最高
Author by 山中 もえ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。