スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RJNY Dec.18

s-DSC_3256.jpg






s-DSC_3244.jpg

上の画像の奥から2番めT-7が、離陸後に航空祭でもお目にかかれないようなものすごい捻りを見せてくれました
神社から撮ってれば良かった
スポンサーサイト

RJNY Nov.20

DSC_3154.jpg





DSC_3188.jpg
静浜基地航空祭秋の部





DSC_3229.jpg
幸運にも、今年も静浜で(ここ重要)YS-11とC-1に出会えることができました

C-1は今年に入ってから航空祭への不参加が続いていて寂しい思いをしていたので、なおのこと嬉しかった




YS-11

s-DSC_8130.jpg
昨年7月に撮影。






s-DSC_8172.jpg
TCAS搭載が義務付けられた関係で民間での運用が終了した後も、その縛りを受けない官公庁向けの機体達は
引き続き運航を継続していました。
元来YS-11の頑丈さというのは折り紙つきではありますが、そうは言っても
老朽化は否めず昨年末には海自からも姿を消し、残る運用機関は空自のみとなってしまいました。
その空自の機体も部品不足に苛まれ、飛行不能な状態に陥っている機体もあり、YS-11を巡る事態は想像以上に
切迫しています。

そんな中、先日エアロラボが購入、再整備を行ったN462ALexJA8706が9年振りに飛行に成功したという
嬉しいニュースが舞い込んできました。
莫大な維持費の掛かる経年機を民間企業が再び飛ばすというのはここ日本では異例中の異例でしょう。
一先ず高松へのフェリーを終えましたが、今後永続的に飛行させるのか、それともこの1度限りの飛行
になってしまうのか。今後の動向に注目です。

いずれにせよYS-11に残された時間が極めて僅かであるということは紛れも無い事実
飛行を見る機会は数限られていますが、現役で気を張り続ける老兵を少しでも多く遺していきたいです

静浜基地航空祭2015

s-DSC_1237.jpg
朝方ちょろっと降雨現象が見られましたが、それ以降は大きく崩れること無く。





s-DSC_1189.jpg
視界は良好、雲高も展示に殆ど支障がないほど高かったようです。お昼頃には富士山も拝むことが出来ました





s-DSC_1324.jpg
飛行展示の面々は概ね例年通り。この天候なのでテスターカラーのF-2を飛ばしてくれたのは助かりました





s-DSC_1396kou.jpg
機動は昨日の反省を踏まえ、ちょいと下がって撮影。概ね良好。
ご覧のように青空バック。この時はこのままスッキリ晴れてくれると思ったんですけどネ





s-DSC_1429.jpg
長い長い昼休みを挟んで県警のデモ。文句なしに今年のMVPでしょう。






s-DSC_1438.jpg
ゾロゾロ





s-DSC_1528.jpg
トリは梅組のF-15。今年は少し下がって撮影しましたが、旋回の中心点に位置してしまったようで
ひたすら背中バックリの写真を量産してしまいました。青空バックだったら多少満足度も違ってきたんでしょうけど。





s-DSC_2283.jpg
ついでだから載せてしまえ
昨年の静浜でのフライト。機動が見たけりゃTAC部隊の基地祭に行けってか?

梅組見るの初めてだな~とか思ってたら08年の御前崎で拝んでました




s-DSC_1569.jpg
お待ちかねの帰投。が、飛来機が6機だけだったんで一瞬で終了してしまいました。





s-DSC_1594.jpg
アパッチフォーメーション、よく頑張りました。




s-DSC_1605.jpg
アタッカーフォーメーション、まずまずです。SHとT-400?知らない子達ですね…

ブルー不在、天候もパッとしなかったからか、会場外周ともにガラガラな航空祭でした。
久しぶりに会えた方々も多かったんで、それだけでも価値があったというもの

来週は浜松にC-1を見に行くぞ~

RJNY May.23

T-7の機動展示
編隊系は高めでしたが、ソロはなかなか見応えがありました
s-DSC_1096.jpg




s-DSC_1112.jpg





s-DSC_1141.jpg
外来機飛来





s-DSC_1154.jpg
アパッチもあまり良い噂を聞かないので、撮れる内に撮っておかないとね





s-DSC_1174.jpg
さながら陸自駐屯地
天候も手伝って、今年は少々寂しい航空祭となりそうです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。