スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入間のお客さん

2月の総走行距離が100km越えました。タイムより距離を伸ばしていこうそうしよう
T-7はいつもどおり。前席に教官さん乗ってたけどなんだったんだろうか



続きを読む
スポンサーサイト

練習中

jr
ランウェイウォークの前の週だったかな。6時とか7時とか、すげー遅くにやってた
ちなみにジュニアの演技を見たのがこれが初めてだったりする

セントレア展開記12

A300 MD-11
なんかいました。
手前の派手なのがエア・ホンコンのA300-600GF、奥のがフェデックスのMD-11Fです。
残念ながらMD-11の顔は拝見できず。DC-10か迷いましたが、MD-11とはお尻の形が異なっていました。


余談ですが
http://www.centrair.jp/kikaku/dreamlifter.html
今月の26日、LCFが飛来します。ああ、行きたいのう

機首アップとか県警ヘリとか

大分前のですよっと、、、
機首アップ1

機首アップ2
汚れが入り込んでしまってました。残念




残念な写真

鼻切れイーグル
アフターバーナー全開でハイレートクライムに移行するF-15。
バーナーリング見えるし、鼻が切れて無ければなあ。ピン甘だけど

うほ、いいひねり

ihineri1
iihineri2
もう100ftくらい低けりゃよかったのにな


以下、似たような画像

2月22日は猫の日

だそうです。ネコかわいいよネコ
まあそんなことはいいとして今日(といってもあと5分ないけど)はちょっと特集を組もうかと
2年前の2月22日といえば航空ファン、特に静浜基地をベースにしている方ならすぐピンとくると思います。
そうです、静浜基地でのT-3の運用を終了した日です。結局見れなかったんですけどね。J誌とKFの特集を読むに留まりました。

んで、今回は我が家にあるT-3の写真を晒してみようかと。大したもんはないんですけどね
荒い画像ばかりですがお許しを…





セントレア展開記10

この記事の観覧はお奨めできません

セントレア展開記9.5

既に公開したA340の記事。詳しくはここで

ルトハンザのA340しか撮れなかったのか、と思って写真を見ていたら
良く見たらエミレーツの写真があるではないですか
完璧に忘れてた。
てなわけで公開します。申し訳ありませんでした('A`)




セントレア展開記9

佳境に入ってまいりました。やたら胴長に見えるMD-90を紹介いたします
MD-80/90はDC-9をベースとした発展型であり、その更に発展型であるMD-95は、ボーイングがマクドネルダグラスを買収したため717として製造されています

撮影できたのはMD-90のみ。日本の航空会社で最もうるさく、短胴の87を撮りたかったですが('A`)
87が積んでいるエンジンはC-1、737-200と同じJT8Dです

90-1
国内線のターミナルからタキシーアウトするMD-90、JA8029。後方にはこの日ラストフライトを予定されていた仙台へ向かうフォッカー50が見えます

写真がMD-90になっとるwwwwwww



セントレア展開記8(再開しました)

今回はエアバスA340。
3401
A330と操縦方法も同じで、A330→A340のライセンスを得るのは最短で1日だとか。ようは、スロットルと計器の数の違いだけなんでしょうね。

居住性、燃費の悪さ(これは500、600型のみ)、そして4発機による整備性の悪さにより、A340を手放し、777を導入する会社が増えているようです。91年に初飛行ながら、減数に転じています

1度は全日空も導入を決めましたが、結局実現にはいたりませんでした。見てみたかったなあ





ナチュラルメタル

F・T・B! F・T・B!
順光で撮りたいな。にしてもすげーザラザラ

屋外展示機

かーちす
すげーリベットの数
アンチコ
前は下もくぐれたんだけどねー。つかこれ点検隊所属機かよ
バナナ
バナーナ
J○st do it
左下のおじさんが勇ましすぎて吹いた

ナイキとバナナ撮ってる人見た事ねーよw

T-2 ブルーインパルス

ちょっと古い写真を
T-2blue
94年の静浜基地航空祭にて、チェンジオーバーターンを行うT-2ブルー
T-2の時は6機でやるのがデフォだったんですが、この時はソロが1機欠けていまして。
映像も残ってますが、T-4とは速さが桁違いですね。確かソロ担当の5番機(かな?黄色のスモークのです)がソロを物凄く頑張っていたような

2度の事故に見舞われながら175回の展示を行い、95年12月の展示飛行を最後にT-4へバトンタッチしたT-2ブルーインパルス。渋いです

因みに1番機の井出3佐は旧清水市出身

黄色のスモークを出しているT-2は恐らく広報館に展示中の#111。ブルー解散後直ぐに退役したので改修されなかったので、現存する数少ないオリジナルのT-2ブルー仕様機です。
#112(91年の事故により損失)と共に前期型から改修されました


他にも写真ありますが取り込むのがめんどくさい(^q^


俺も見てたはずなんですが全く覚えてません

8SQ運用終了記念塗装 ブラックファントム

入間で撮りまくったのにUPするのをすっかり忘れてました。
black phantom1
8SQのマーク初めて見た。




レターエイト

LETTER8
300kt、2Gで旋回を続ける1~3番機を必死に追いかける4番機
機体の下のスモークは先行する3機のもの

昨年の静浜では勢い余ってリーダーズベネフィットになってしまいましたが、その後の修正はさすがの一言

今年は青空で撮りたいもんだ

つか、撮らせて神様

セントレア展開記

セントレアのネタだけで1週間もっちゃってます。まだ終わりそうにありません(ノ∀`)
A330は4発の同時期に開発していたA340から2発エンジンを取っ払った航空機です
A340は長距離、A330は中、短距離に用いられます。日本の航空会社は導入していません。777があったからね
今回撮れたのはA330-300のみでした
330_1
あれ?JALの737写ってるじゃん






スローシャッターに挑戦してみた

先日一緒に撮らして頂いた方から流し撮りのコツを教えていただきました

モノクロ
これは関係ありません(´・∀・`)プロペラを回そうとしてSS落としたら露出をミスって背景真っ白になっちゃったんで、モノクロで仕上げてみました

ようは失敗作ということです




セントレア展開記6

今日はA320とA321の日です。正直あんま好きではありません
あの事故で一気に有名になりましたね

本当はアシアナのA321も来たんですが、バッテリー温存のためスルーしてました('A`;)




セントレア展開記4

ようやくボーイング機終了です。まだエアバスとかいう会社もありますけどね(^q^`)
777はANA機のみ。やったぜ
777は初飛行が94年と若く、747と767の座席間の差を埋めるために生まれました
ようは、747>>>777>>>767というわけです。座席数的な意味で
LR型は地球を半周出来るほどの航続距離を持ち、主に国際線として採用されています

777-1
スターアライアンスの777-200ER。傾いているのがわかります。風が物凄く強かったんです
777-2
垂直尾翼がエラく小さく感じる




セントレア展開記3

多分、「767とか自衛隊でも見れるよバーカ!」とか思ったんでしょうね。案の定殆どスルーしてました


三(/ ^^)/ウワァー

いいよ別に、自衛隊のは皿とか給油のとかついてるから

うん、そういうことでお願いします
767の初飛行は1981年。グラスコックピット機の草分け的存在(コピペ)
軍用機としても数機採用されています

767-1
恐らく767と思われる機影。尻の形からして間違っては無い…筈





757

737、747とくれば次はもちろん757ですね
757は1983年から引渡しが開始され、同時期に開発された767といくつかの部品を共通化しています。
2005年よりウイングレットを後付する改修を行っています
日本の航空会社は757を採用していません。他のボーイングの機体は採用していると言うのに…

現在は737NGに市場を奪われ、2004年に製造中止となっています。よって、日本の航空会社の塗装を纏った757を見る事は不可能となりました。JASが導入の計画があったのですが、JALと統合、計画は頓挫してしまいました

見たのはノースウエスト塗装の757-200、ウイングレットつき
757-2


セントレア展開記2

今回は747でいきます。ま、ほとんど見れませんでしたけどね

747は初飛行が1969年。改良に改良を重ね、現在でも多くの機体が飛び回っています。
旅客機型のみならず、貨物機、または軍用機としても採用されています
全長70.6m、全幅64.4m、全高19.4mと、A380が登場するまでは世界最大の旅客機として、ジャンボジェットの愛称で親しまれています
747-8という、若干大型化されたタイプが現在進行形で開発中です

A380のが燃費が良いとか高性能とか言われてますけど、そんなの比較にならない訳で。
開発された時期とか考えてくださいな

747-1
ボーイング兄弟。737が兄貴です





セントレア展開記

737-1
機種ごとにUPしていきます
まずは737から。
737は初飛行が1967年とかなり初期ながら、未だに全世界で飛び回っているベストセラー旅客機です。
主翼の再設計、エンジンの変換と、第一世代と第三世代の737とでは、全く違う機体と仕上がっています

正直、型多すぎて調べるの大変でした。
長胴とか短胴とかパッと見じゃわかりません







Author by 山中 もえ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。