last summer

1970年に初号機を受領して以来39年。昨年7月31日にフリートを離れた747クラシックを撮影して来ました
747classic
747classic 747-400
左が747-300。右が-400。ウイングレット、翼と胴体とのファリングの有無、エンジンの違いで見分けがつきます
747classic
因みにアンチコも-400と異なっていたりする
747classic
747クラシックは3メンクルー機。同機の運用終了は、同時にFEの職種が消滅する事と同義
JT9D JT9D
JT9Dの最終生産型である-7R4G2。初期型JT9Dに比べ、推力、燃費共に向上されています。直径2.5m、
767等にも搭載され、当時最先端を誇った同エンジンでしたが、747-300最終号機の引き渡しと時同じく
1990年に生産中止となっています
747classic
主翼端のアンテナも特徴的
747classic
写真の機体はJA812Jは元N212J。レジから分かるように、アメリカ籍でしたが98年に日本籍へ移籍しました。
-300型機の初号機であり、JA813Jと共に747クラシック最後のフライトを担当
747classic
JALの整備士が整列しお辞儀。長旅を終えて来た同機を労います。
747classic
本当はもっと写真あったんですよ?でもね、消えちゃったんですよ、ハハッ   はぁ・・・

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://charlieone.blog55.fc2.com/tb.php/597-f9630ad1