スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像編集のお話

帰宅後、PCに画像を取り込んで風呂に入った後に訪れる楽しい楽しい画像編集の時間。
撮影した写真を自分のイメージに近づける為に不可欠ですね

一般的に有名な編集ソフトはAbobe社のフォトショップ。とても便利ですが、如何せん高価な上重いらしい
そこで私はNikonが販売しているCapture NX2を使用中。
正直言ってこれで事足りていますね。フォトショに比べて安価ですし、Nikonユーザーには必須のアイテムでしょう。どこかで重いとか言う意見を見かけましたが、高スペック(笑)なので全く気になりません
中には無料のRAW現像ソフトもありますが、本当に良い写真を作りたいなら多少の出費は覚悟しなければならんのです

ではこの画像を例に編集してみましょう。軸上色収差補正はONにしておきます。暗く撮ってしまうのは僕の悪い癖
A330-300.jpg

無題 
なのでクイックフィックスの矢印を左に移動させます。するとどうでしょう
DSC_3251__.jpg

明るくなりました。このままピクチャーコントロールでちゃっちゃっと仕上げてしまっても良いのですが、それでは意味が無いのでトーンカーブをいじってやります。機首部の明るさを持ち上げ、背景をやや下げます。派手にやり過ぎると暗部が黒く潰れてしまうのでホドホドに
クリップボード
↓君少し変わってるね↑
DSC_3251___.jpg
こんな感じになりました。機体の白が強調されているのがわかりますでしょうか。同時にコントロールポイントを使って車輪を明るく持ち上げます。このコントロールポイント、中々の優れもので、画像全体ではなく編集したい範囲内での補正が可能なのです。
これで完成。実に簡単です

AIRDO2.jpgAIRDO1.jpg
こんな使い方もできます。綺麗に撮れているのに、ホワイトバランスの設定がずれいて変な色になってしまっていても大丈夫
DSC_6355_.jpg
トリミングの有効活用
DSC_1602.jpg
夕焼けをより夕焼けっぽくしたい場合は、ホワイトバランスをいじって赤みを増し、ヴィネットコントロールを-100に設定してあげればこの通り。どうとでも出来るのです

それじゃあただ撮っていれば良いのかと言うと、そんなことは決してありません
編集作業はイメージに近づける為の手助けにしかならないのです。白飛びしてしまった画像はどうにも出来ませんし、ピン甘の画像は使い物になりません。その場でどんな風に撮るのか、考えながら撮影するの事が最重要なのです。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

カメラ好きなんだね。
いいなぁそう言うのできて。
俺も映像編集を少しでも勉強せねばならんのですが、いかんせんできてないという。

そしてphotoshopは確かに重いw
部室のパソコンに入ってるが凄く重かった気がする。

 

しらなかったの一言につきる
個人的に最後の写真が気に入りました

トラックバック

http://charlieone.blog55.fc2.com/tb.php/768-e8851db8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。